焼き場に立つ少年

3年ぐらい前にも載せたことがありますが・・・
カメラマンのリアルなコメントを読んでこれまで以上に胸が締め付けられました
明日は広島原爆の日ですね

syounenn
1945年 長崎 撮影:ジョー・オダネル
朝日新聞社写真展-写真が語る20世紀-より

写真を撮影した米従軍カメラマン、ジョー・オダネルのコメント:
「佐世保から長崎に入った私は、小高い丘の上から下を眺めていました。・・・10歳くらいの少年が歩いてくるのが目に留まりました。おんぶひもをたすきにかけて、幼子を背中にしょっています。・・・しかし、この少年の様子ははっきりと違っています。重大な目的を持ってこの焼き場にやってきたという強い意志が感じられました。しかも足は裸足です。少年は焼き場のふちまでくると硬い表情で目を凝らして立ち尽くしています。

・・・少年は焼き場のふちに、5分か10分も立っていたでしょうか。白いマスクをした男たちがおもむろに近づき、ゆっくりとおんぶひもを解き始めました。この時私は、背中の幼子がすでに死んでいることに初めて気づいたのです。男たちは幼子の手と足を持つとゆっくりと葬るように、焼き場の熱い灰の上に横たえました。

まず幼い肉体が火に溶けるジューという音がしました。それからまばゆいほどの炎がさっと舞い上がりました。真っ赤な夕日のような炎は、直立不動の少年のまだあどけない頬を赤く照らしました。その時です、炎を食い入るように見つめる少年の唇に血がにじんでいるのに気がついたのは。少年があまりにきつく噛みしめているため、唇の血は流れることなく、ただ少年の下唇に赤くにじんでいました。夕日のような炎が静まると、少年はくるりときびすを返し、沈黙のまま焼き場を去っていきました。背筋が凍るような光景でした。」
(朝日新聞社写真展コメントより抜粋)

コメントの投稿

非公開コメント

この写真!

この写真、涙なしには見られません。
今回詳しい撮影者のコメントを読んで、もっとショックを受けました。
たった10歳なのに、なんとしっかりしていることでしょう。きっと涙も枯れたのでしょう。

karenさんへ

数年前、初めてこの写真を見た時はすごい衝撃を受けましたが・・・
今も見るたびに胸が痛くなります
この後この少年が幸せな人生を送られていることを願わずにいられません
招き猫
Flower&Butterfly

プロフィール

ふまきち

ふまきち
水泳・パソコンを
こよなく愛する
廃業寸前のお気楽主婦。。。
モットーは
『とにかく愉しく!!』

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
カウンター
バックナンバー