名句論争 (*´﹀`*)

「閑さや岩にしみ入る蝉の声」
松尾芭蕉が1689年7月13日 山形市天台宗立石寺で詠んだ句

で・・・この句で詠まれた蝉の種類は
アブラゼミ・・・か? ニイニイゼミ・・・か?
昭和初期に超一流の文人たちの間で論争が起き
実際に立石寺の蝉の活動時期を調べた結果
芭蕉が訪れた時期は「ニイニイゼミ」が多いとの結論に至った

・・・というお話が先日の朝刊に載っていて
何度となく目にしてますが、蝉の種類にまで発想が及びませんでしたよ

のどかで・・・なんか良いなぁ~~~   
ウフッ って感じ・・・

コメントの投稿

非公開コメント

招き猫
Flower&Butterfly

プロフィール

ふまきち

ふまきち
水泳・パソコンを
こよなく愛する
廃業寸前のお気楽主婦。。。
モットーは
『とにかく愉しく!!』

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
カウンター
バックナンバー