・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・ 

ラジオで平成卒業ソング特集をしていて
 「空も飛べるはず・・・スピッツ 1994年」
 「未来へ・・・キロロ 1998年」
 「世界に一つだけの花・・・スマップ 2003年」
 「3月9日・・・レミオロメン 2004年」
 「手紙~拝啓十五の君へ~・・・アンジェラ・アキ 2008年」
 etc..
どれも名曲、.懐かしい曲のオンパレード・・・
当時を思い出しながら聴きました

こちらは1975年、44年も前の曲ですがいまだに大人気

 ゚+.(o,,〃ω〃)o スゴォ~ィ♪゚+.*

Lemon-米津玄師(よねづ けんし)
昨年プールの友人から
『すっごくいいから聴いてみて~ 』 って教えて貰いました
切ない歌詞やメロディー、歌唱力に感動します
紅白にも出たし・・・YouTubeの再生数がすごいらしい・・・

 ゚+.(o,,〃ω〃)o ♪゚+.*゚

奏(かなで)-スキマスイッチ
ずいぶん前(2007年くらい?)の曲ですが
ず---っと好きでよく聴きます
何度聴いてもメロディー&歌詞に感動します

 o(-`д´- o)ガンバレ!!

2007年の曲、久しぶりに聴きましたが
メロディーはもちろん
限りなく前向きで元気になるような歌詞
・・・60歳、70歳、70歳、90歳になっても楽しく生きていくという・・・
ちょっとした事で落ち込んだ心に響き、励まされました



人生の扉
歌手 竹内まりや
作詞 竹内まりや
作曲 竹内まりや

春がまた来るたび ひとつ年を重ね
目に映る景色も 少しずつ変わるよ
陽気にはしゃいでた 幼い日は遠く
気がつけば五十路を 越えた私がいる
信じられない速さで 時は過ぎ去ると 知ってしまったら
どんな小さなことも 覚えていたいと 心が言ったよ

I say it's fun to be 20
You say it's great to be 30
And they say it's lovely to be 40
But I feel it's nice to be 50

満開の桜や 色づく山の紅葉を
この先いったい何度 見ることになるだろう
ひとつひとつ 人生の扉を開けては 感じるその重さ
ひとりひとり 愛する人たちのために 生きてゆきたいよ

I say it's fine to be 60
You say it's alright to be 70
And they say still good to be 80
But I'll maybe live over 90

君のデニムの青が 褪せてゆくほど 味わい増すように
長い旅路の果てに 輝く何かが 誰にでもあるさ

I say it's sad to get weak
You say it's hard to get older
And they say that life has no meaning
But I still believe it's worth living
But I still believe it's worth living

 『かあさんへ』 ゜.(つx・。`*)゜.・

先日の『歌うタノシビト』で
先生の歌声と歌詞に感動してウルウルっとした曲です
吉幾三さんの作詞作曲だそうですが・・・(全く知りませんでした
先生のソフトな歌声が胸にしみました   

母ネタにめっぽう弱くてすぐにウルウルする私は
相当の『マザコン女子』だわネ 

招き猫
Flower&Butterfly

プロフィール

ふまきち

ふまきち
水泳・パソコンを
こよなく愛する
廃業寸前のお気楽主婦。。。
モットーは
『とにかく愉しく!!』

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
カウンター
バックナンバー