o(-`д´- o)ガンバレ!!

2007年の曲、久しぶりに聴きましたが
メロディーはもちろん
限りなく前向きで元気になるような歌詞
・・・60歳、70歳、70歳、90歳になっても楽しく生きていくという・・・
ちょっとした事で落ち込んだ心に響き、励まされました



人生の扉
歌手 竹内まりや
作詞 竹内まりや
作曲 竹内まりや

春がまた来るたび ひとつ年を重ね
目に映る景色も 少しずつ変わるよ
陽気にはしゃいでた 幼い日は遠く
気がつけば五十路を 越えた私がいる
信じられない速さで 時は過ぎ去ると 知ってしまったら
どんな小さなことも 覚えていたいと 心が言ったよ

I say it's fun to be 20
You say it's great to be 30
And they say it's lovely to be 40
But I feel it's nice to be 50

満開の桜や 色づく山の紅葉を
この先いったい何度 見ることになるだろう
ひとつひとつ 人生の扉を開けては 感じるその重さ
ひとりひとり 愛する人たちのために 生きてゆきたいよ

I say it's fine to be 60
You say it's alright to be 70
And they say still good to be 80
But I'll maybe live over 90

君のデニムの青が 褪せてゆくほど 味わい増すように
長い旅路の果てに 輝く何かが 誰にでもあるさ

I say it's sad to get weak
You say it's hard to get older
And they say that life has no meaning
But I still believe it's worth living
But I still believe it's worth living

 『かあさんへ』 ゜.(つx・。`*)゜.・

先日の『歌うタノシビト』で
先生の歌声と歌詞に感動してウルウルっとした曲です
吉幾三さんの作詞作曲だそうですが・・・(全く知りませんでした
先生のソフトな歌声が胸にしみました   

母ネタにめっぽう弱くてすぐにウルウルする私は
相当の『マザコン女子』だわネ 

 2016ノーベル文学賞 (♥→o←♥)

ご本人も歌も知らなかったので
代表作を歌詞を見ながら聴いてみました 

ボブ・ディラン 「風に吹かれて」

 
  どれほどの道を歩かねばならぬのか
  男と呼ばれるために
  どれほど鳩は飛び続けねばならぬのか
  砂の上で安らげるために
  どれほどの弾がうたれねばならぬのか
  殺戮をやめさせるために
  その答えは 風に吹かれて
  誰にもつかめない

  どれほど悠久の世紀が流れるのか
  山が海となるには
  どれほど人は生きねばならぬのか
  ほんとに自由になれるために
  どれほど首をかしげねばならぬのか
  何もみてないというために
  その答えは 風に吹かれて
  誰にもつかめない

  どれほど人は見上げねばならぬのか
  ほんとの空をみるために
  どれほど多くの耳を持たねばならぬのか
  他人の叫びを聞けるために
  どれほど多くの人が死なねばならぬのか
  死が無益だと知るために
  その答えは 風に吹かれて
  誰にもつかめない

 「心に響くビオラの調べ」  。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜

H27年度さとう大学終了式は
沖田孝司さん・千春さんご夫妻の素敵なコンサートでした 
アメージンググレース・春の海・ローズ・涙そうそう・愛の賛歌・・etc
素晴らしいビオラの音色で春を感じつつ、とても幸せなひと時でした 

楽しみながら色々な勉強をさせて頂き です 
また、来年もお世話になりたいと思います 

 興味津々・・・ £(W*'▽'*W)

朝刊の連載小説 『東京クルージング』 伊集院静 作
を楽しみに読んでいます  
その中でパブロ・カザルス(スペインのカタルーニャ地方に生まれた
チェロ演奏家、指揮者、作曲家 1876~1973)の
カタルーニャ民謡 『小鳥の歌』 が度々登場するので
どんな曲なのかYouTubeで聴いてみました 
 
 

小説ではハミングするとあったので
少し明るく軽いイメージを持っていましたが意外でした 
曲を聴いたことで、より興味深く楽しめそうな気がしています 
招き猫
Flower&Butterfly

プロフィール

ふまきち

ふまきち
水泳・パソコンを
こよなく愛する
廃業寸前のお気楽主婦。。。
モットーは
『とにかく愉しく!!』

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
カウンター
バックナンバー